お客さんを目的地まで送り届けるタクシードライバー

タクシードライバーの説明書~知ることでより身近に感じよう~

お客さんを目的地まで送り届けるタクシードライバー

運転手

タクシードライバーに必要なもの

お客さんを車に乗せて目的地まで運ぶ運転手がタクシードライバーです。このタクシードライバーになるには、資格が必要になってきます。1つ目に重要なものは、二種免許です。タクシーやバスでお客さんを乗せ、目的地で料金を貰うサービスを提供している場合は必ず必要になってきます。2つ目に地理試験も大切です。これは東京や大阪などの広い土地で行われる特別な試験となりますので、自分がタクシードライバーになる際には確認してみましょう。

タクシードライバーを続けた際の将来性

タクシードライバーは車を運転する仕事となるために、退職した際に次の職などを心配する声も聞こえてきます。しかし、ドライバーとして培われた技術や知識は、けして無駄になるものではありません。タクシードライバーの中には定年退職まで運転手業を続けている人もいます。そのまま法人タクシーのドライバーとして続けるもよし、個人タクシーになって、個人事業主になるのもいいでしょう。

ハイヤーに転職するのも1つの案

タクシードライバーの経験を積むことで、旅行業界へ転職するのも1つです。ハイヤーと呼ばれる決められたルートを走って、指定のお客さんを迎えたりする仕事があります。この職種はタクシードライバーの経験を持っている人を採用する事が多いです。

タクシードライバーになるまでの流れ

センター研修を受けることで知識を深める

タクシードライバーとして採用されるとまず、その土地の地理やお客さんへの接待方法をきちんと学びます。そうすることで安心して運転することが出来ます。

実務研修を行って実際の道を知る

事故防止やメーター指導のために、助手席に指導者を乗せて街を走ることもあります。また、その際に実際の街を走り、先輩たちの裏技なども学ぶことが出来ます。

研修が終わっていざ配属へ

タクシードライバーは研修が終わると、自分の専用車両に配属されます。この配属で、必ずパートナーと呼ばれる相手がつきます。そうすることで、自分が休みの日でもその車両は走ることが出来ます。

新人が入ってきたら今度は自分が先輩に

タクシードライバーは多くの人が未経験で入ってきます。そのため、新人の多くが道が分からないなどの問題にぶつかります。そんな時は自分の経験をアドバイスしてあげましょう。「ここではこうするといいよ」などの一言を伝えて、新人を育てていきましょう。

広告募集中