求人情報で見るタクシードライバーとはどんなものか

求人情報で見かける気になる仕事【タクシードライバーはどんな職業】

求人情報で見るタクシードライバーとはどんなものか

タクシー

タクシードライバーはどんなお仕事か

求人でよく見かけるタクシードライバーですが、そのスケジュールはあまり知られてはいません。タクシードライバーは一度の出勤で朝の8時から夜の2時までと、長い勤務時間となっています。しかし、その中でも合計が3時間の休憩を取ることができます。

タクシードライバーの一週間

一度の勤務時間がとても長いタクシードライバーですが、それゆえに何度も出勤となると体に負担がかかってしまいます。その為、出勤した次の日は明番と呼ばれる休養日が設けられています。また、週に一度公休として休日を取り入れているタクシー会社も増えてきました。そのため、1人のタクシードライバーの平均出勤数は月12回ほどと言われています。

タクシーとハイヤーの違いは一体どんな所なのか

気軽に使うことが出来るタクシー

タクシーは主に流し営業と呼ばれるものです。駅前などで電車から降りてくるお客さんを待ったり、街の中で気軽にお客さんを乗せることの出来るメリットがあります。また、乗っているドライバーによって、様々な場所にいけるのも利点です。

完全予約が主になってくるハイヤー

ハイヤーは完全予約制となっている乗り物です。タクシーなどと違い、決められた場所に向かい、指定されたお客さんを乗せて、目的地へと向かうのが主な仕事となります。また、「ハイヤー」とは雇用という意味にちなんでおり、車のドアも自動ではなく、運転手の手によって開け閉めされます。

広告募集中